トップへ
機関紙?

  ロンド・第82号  平成11年11月2日発行 

秋、秋、秋
スポーツの秋、食欲の秋、フアッションの秋、読書の秋一一一一。
そして フォー.クダンスの秋!!  おおいに楽しみましょうネ。

理事会報告
 1 0月 2日(土)いせトピア団体室にて、下記の事項を討議いたしました。   ‥ 
 o 各サークルの近況      、
 在籍数 コスモス 38 名 ひま.わり 47名  なでしこ 39名 ポピー 39名 はまなす 30名  すずらん 43名 カトレア 52名  民舞研 32名 
あじさい 29名
各サークルとも“フォークダンスの集い”に向けての練習に励んでいます。

o いせスポーツ レクリエーション フェスティバル ‘99 について 
   参加者 84名 デモ曲 カノンワルツァー ・ モサイコ メキシカーノ

o 46周年記念フォークダンスの集い !
    参加者予定者数 144名(鹿鳴館ダンス参加者88名含)

o 里帰り伊勢音頭 受付の手伝い   
   広出洋子 高木春代 村井和子 中村伸子 大山和代 土平富士子 以上6名の方にお願いしました。

o 文化協会
  万平成12年3月5日(日)に向けて。

o いせ ハンドinハンド 
  平成12年2月27日(日)12時〜16時 いせトピア  
o 協会ハイキング
   馬越峠へ 10月24日(日) 予備日10月31日(日)

三乗県スポーツレクリエーションフェスティバル ’99 
標記の行事に参加しました。
小俣会場 9月12日 101名   尾鷲会場 9月25日 29名
それぞれの会場に参加されたお二方に感想を寄せていただきました。

小俣会場が終わって
民舞研  西村美代子
民舞研がこのデモに参加すると決まってから、例会では出場曲の練習に励みました。あま
り回数がないので私も焦る気持ちをおさえながら、それでも続けるうちに、だんだんと厳しい口調になっていく自分がわかりました。民舞研の人たちだから少しぐらい厳しくてもついてきてくれるという気持ちがあったのです。最後の方になると美しく踊ってくれるのを見て心の中で「もう少しよ、頑張って!」と励まじながら声のかれるのも忘れていました。

当日の朝、もう一度みんなに注意事項を伝え本番を迎えました。「さあ、みんな頑張ろう
 ね!」と 踊りは楽しく終えることができました。終わった後、周りの人たちに 良かった!良かつた!言ってもらいとても感激し、又みんなにはとても感謝の気持ちで-一杯にな
りました。それこそ―人一人にだきついてお礼を言いたい気持ちでした。無事に終えたのも会員一人ー人のおかげです。本当にご苦労様でした! そしてありがとう!!

尾鷲会場に参加して
ひまわり 水井嘉子
  先月9月25日(土)尾鷲市民文化会館(せぎやまホール)で行われる、三重ダンスフェスティバルに参加するため、伊勢市駅前から朝8時15分 総勢29名はバスに乗って出発した。バスの中では自己紹介や、クイズ等で笑い声や、笑顔、そして熊野古道馬越ハイキングコースの出発地を左手に見て通り過ぎ、会場に着きました。
  会場には10時の開会と同時に披露されたオープニングヽパフォーマンス(大学生の躍動感あふれる、すばらしい構成の創作ダンスや尾鷲節の踊り等)を見て、そして私共の出番が近づいてきました。私達の踊るメキシコの踊りは、カバリート ブランコとモサイコメキシカーノの組合せのー曲と、ラ・ジョロナ イヴ・サンドウンガの2曲でした。「笑顔で踊ろうね」を合言葉に終わった時、他の団体の方が「きれい」「すてき」と声をかけてくれて見てもらえた喜びと、終わったと言う満足感でいっぱいでした。
 ダンスフェスティバルの.終了後は、イベントの中の一つミステリーウォークに参加するため、シャトルバスに乗りました。そして「お人形の家」(世界の人形が集められている)と「土井竹林」に足を運びました。土井竹林はご一緒された方の話では、以前(私達の若かりし頃)NHKの朝の連続テレビドラマで「旅」を放映しておりましたが、あの神秘的な竹林の場面を撮影された場所だとか−−−一尾鷲とは聞いておりましたが「エツ ここが!!」と言いながら直径20cmもあるかと思われる幻想的な奥深い竹の林を後にしました。家路についたのは午後8時頃でした。
 これからも このような イベントに夢と希望をもって時間のあるかぎり参加して「踊りたいなあ−−−」と思いました。

合格おめでとう!!
3級コスモスノ堀尾由紀子さん
4級カレトレア大西 栄子さん

伊勢レクリエーションフェスティバル‘99 に参加して
コスモス  梅川由紀子
今年から企画も新たに”いせスポーツ レクリエ−シヨンフェスティバル ’99”ダン
スカーニバルが朝熊山の麓 県営競技場サプドラック および県営体育館で行われました。
この日は期待の秋晴れとはいかず、蒸し暑さが残りましたが、定刻通り開会式が始まりまこした。開会式では、本部席前で右手をあげ行進しました。また、県営体育館では、ダンスカーニバルの開会式がありました。そこでの総合司会をされた村井会長さんが、お元気になられたご様子にうれしく思い安堵しました。
フォークダンスの皆さんによる、カノンワルツアー、モサイコ・メキシカーノ、また参加
者全員によるダンスと体育館一杯に、それぞれ日頃の成果を発揮して、元気に楽しく一日を過ごすことができました。特に閉会式前の ”参加者全員でダンスを” においては芝生の上でダンスを行い、多数の方の参加があり、中でも中学・高校生の若さとパワーが将来のフォークダンスも安泰だなァなどと感じさせられ、フェスティバルのフィナーレを飾るにふさわしく、感動的で印象的でした。

オランダのプォークダンス ツアーに参加して
西世古 幸子
去る8月27日〜9月7日に下記の内容でオランダヘ行ってきました。
ツアーのお世話役 オランダのティネケご夫妻と埼玉の村田ご夫妻
参加者 日本全国で39名(村田氏以外はオール女性) 伊勢からは永井さんと二人
    日 程 ? ダンスフェスティバル 2.5日問
        ? フォークダンスのティーチャーとしてのト’レーニング 3日間
        ? 見学・観光・ディナー 3日間
        ?/講習会及び ダンスバーティ 2日間
        ? 往復の飛行機  2、5日間

1.あさま山麓 まつり博会場跡地のような所で、広場あり 池あり 小屋あり 宿舎あ
りのキャンプ場を会場にして、隔年に全国規模で行われているダンスプェスティバルです。お国の人々は、キャンピングカーなどで、ペット共々 家族揃っての参加です。お世辞にも立派といえない施設ですが、どのテーマの会場も満員でダンス ダンス ダンス。因に世界でオランダとアメリカとそして日本はどこの国のダンスも楽しむ国ですが、今オランダのフォークダンス界では  ?若者の育成 そして?他分野のダンスをもまとめていく、この2点を重要視ししているそうです。家族と一緒に参加の子ども達も年齢により4クラスにわかれポピュラーな インターナショナルダンスは もちろんのこと、アフリカやバリ島などのあまり知られていないダンス・そしてタメリカを中心に最新のいろいろなダンス・どのワークショップもそれぞれ興味があ;り、時間的に一部しか参加できないのが残念でした。

2.ティーチャートレーニング                ティネケさんのグループの方で、この春 日本にも指導にみえて、多くの熱狂的なファンを残していった ビヤンカさんによる フォークダンスの指導方法の勉強と実践のトレーニングで、実はこれが今回のツアーの第一の主旨です。リズム・メロディをうまく利用して無理なく自然に指導する方法を学び、私もその時はうまくいき、日本に戻り早速みんなに伝えようと思っていたのですがーーー今のところ実現しておりませんし、又自信がなくなってなってしまいました。もう一度トレーニングをうけないとだめのようです。続く

3.観光 他
一言でいうと、自然が無理なく自然に保たれ17世紀の黄金時代に築きあげた富で、今なお豊かな国、.人間のみならず、猫、あげくのはては、雑草のタンポポまでジャンボでのび
のびしていました。でもぃぃ意昧でのみえっぱりでもあるのか、どの家も人形や花など一杯かざり、わざとカーテンを開けて中をみせる飾り部屋をつくり、道行く人を楽しませてくれています。又ガーデンもとてもかわいくきれいで街全体がメルヘンチックです。

4.講習会及びダンスパーティ
オランダのトップレベルの指導者の方々とご一緒に100人で、ギリシャ、イスラエル、ブルガリアの踊りの講習及び夜を徹してのパーティです。どちらもハイレベルなので、私
はついていけず、苦労しました。オランダは洋式の生活であるからかもしれませんが、会場でのシューズの規制はないし飲食も自由、でもかたづけや清掃はスムーズでいつもきれい、一方日本の施設は立派すぎて規制が多く、又意識しなければかたづけられない。
今考えるとあのようにハイレベルだったのに、のびのび楽しんできたのは、あの手頃な会場と、上そして何よりもオランダ人のフレンドリーでカインドリーな国民性のおかげと感謝しています。
豊かな気持ちでオレンダの旅を無事終え、羽田空港の雑踏の中 そしてドコモの携帯電話にあやつられる空間に身をおいた途端 一度に夢がさめてしまぃました。でも,このような
 いい機会を与えて下さった多くの方に感謝しつつ、少しでも豊かな気持ちでと、楽しく忙しい毎日をゆっくりとすごしています。ぜひ次回は多くの方とご一緒に参加したいと思っています。

46周年フォークダンスの集い いせトピアにて
野田冨美子
去る10月19日、136名余りのご参加をいただいて盛大な集いを持つことが出来ました。それぞれのサークルがそれぞれの練習方法で、腕を、いえ足を磨いての発表、素敵な貴公子美しい貴婦人たちの鹿嶋館さながらの舞踏会、そして、パーティ一………………。          
少々欲張りの一日でお疲れになられたと思いますが『また来年もやってほしい………』と言う声もありました。これはこの集いの感熾の集大成ではないかと思いました。形は変わっても毎年、周年記念行事をやっていけたらいいなと思っています。皆様のご協力、ほんとうにありがとうございました。

クリマスパーティーにどうぞ
日時 平成11年12月21日(火)18時30分〜
場所 有緝小学校 体育館
会費 500円(プレゼント付) 多数のご参加をお待ちしています。

大きな声を出す 大きな声を出して笑うことは 脳の血管をちぢめない 特効だそうすです。大きな声で笑い、曲を口ずさみながら フオータダンスを楽しんで下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM