トップへ
機関紙?

  ロンド・第40号  平成4年8月22日発行 

 残暑お見舞申し上げます。
お盆も過ぎましたがまだまだむし暑く各サークルとも背にうちわで汗びっしょりの例会で
す。色はなやかなコスチュームで生き生きと踊っている姿を見ていると協会会員の平均年
齢の想像がつきかねますね。

8月2日の代表者会議で話し合われたことを中心に今月もお伝えいたします。

1.バレエ&ダンス フェスティバルについて

  11月15日に市民芸能祭の一環として観文で開かれますが、協会として今年も参加
  させていただくことになりました。
  各サークルから2曲ずつほど出しあい4時頃からの舞台です。これから3ヶ月間、こ
  れに向けてみんなで知恵を出しあい、楽しく練習、衣装づくりなどの準備をするわけ
  ですが、その過程もそしてその結果である舞台も意義あるすばらしいものにし、家族
  や知り合いの方一人でも多くの方に見ていただきたいですね。

2.第12回フオークダンススクール修了式及びパーティについて

  4月18日から毎土曜日聞かれていたスクールも、7月4日に無事修了式を迎えるこ
  とができ、33名の受講生のうち70%出席の24名の方に、主催する協会と教育委
  員会から修了証書が授与されました。−
  指導にあたられた田中さん他、また、お世話下さった南さん なでしこ会員の方々ど
  うもご苦労さまでした。
  修了式のあと各サークルから、め一杯着飾ってお祝いにかけつけた仲間と総勢90名
  で、賑やかに修了パーティを開きました。
  スクールで習った曲、各サークルそれぞれご自慢の曲の披露など楽しく踊っているう
  ちに閉会になってしまい、何か皆さん物足りなさそうでした。
  スクールもパー-ティも回を重ねるにつれ、皆がそれぞれに学び、だんだんすばらしい
  ものになっていくのが楽しみですね。

3.第32回中近FD指導者講習会。略して「中近、ちゅうきん」という。について

  毎年暑い夏の講習会にもかかわらず中近はFD愛好者に人気があります。
  今回はとくに大盛況で300名定員のところ400名が参加して9月4日〜6日鳥羽市で聞かれます。
  当協会からも33名の方が参加しますが、うち10名の方は準備委員を担当し、早くから準備にたずさわっています。また参加者の多くはこの講習会にむけて8月の毎日曜日、お盆も返上で予習勉強会をし頑張っています。参加される方は自分の体も、そして家族や仕事の調整にも心がけ、当日元気一杯講習を受けられるようにしてください。

修道コスモス
創立 昭和63年10月
初代会長   竹屋かおる
二代目会長 中村倭文子
現会長    野田冨美子

会員 44名
(男1名、女43名)

修道コスモスは第7回フォークダンススクづレ修了生によるサークルで、会の名前はコスモスの花の咲く頃であったこともあり、会員の公募により名付けられました。
台風に先がけやさし《可憐に咲くこの花は、弱々しく見えていますがなかなか根性のある花です。
また、コスモスには宇宙という意味もあり、とてもたのもしい名前です。
一時、会場のことなどで危機に面したこともありましたが、.その当時の中村倭文子会長を中心に、残った10人程の会員がサークルをよ《守り、新築の体育館をお借りできるようになりました。
そして昨年開催した第10回フォー-クダンススクールで、また沢山の花を咲かせていただきました。
今年の4月からは知的でクールな野田会長、機敏で行動力のある森本副会長、じっくり考え着実な動きの上村副会長(兼指導部チーフ)、小学校教師という職業柄やさしく温和な堀尾書記、面倒見がよくお母さん的存在の中村(倭)会計、経験豊富で非凡な力を秘めた佐藤と若さ’(?)で何でもトライしてみる西世古の両指導員、それに影の力の4人の班長、そして会員全員が一丸となってうま−くサークルをもりたてています。
毎年盛大にクリスマスパーティなどを開くパー-ティ好きなサークルですが、今年度は手始めにコスモスにしてはおとなしい納涼パー・ティを開きました。
山の上の修道小体育館で、毎木曜日7時半から開いている例会は毎回7O%以上の出席率。民家がはなれているので、騒音でご迷惑かける心配もないことから、ボリュームー杯のミュージックのなか、笑いと掛声が絶えません。

お時間がありましたら、ぜひ他のサー-クルの方もお立ち寄り下さいませ。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM